キャッシング利用が多い年代

キャッシングのターゲット層は20代後半から30代の独身者という事がよく言われていますが、実際、このキャッシングをよく利用しているのは実は50代だという調査結果があります。
その理由としは、安定した収入があり、住宅ローンやマイカーローンなどの返済残額などが少ない50代が今一番、キャッシングの審査に通り易いという傾向があるようです。

今は不況といわれ、20代、30代でもなかなか安定した収入がない人も多く、なかなかターゲット層への審査が降りにくいとう現実があるみたいですね。。。
一番お金が必要なこの若い世代になかなかキャッシングに審査が降りないとは悲しい現実ではありますが、でも無理なキャッシングや自己破産を防ぐには効果的かもしませんね。

しかし50代の方々がキャッシングとは・・・一体キャッシングをして何に当てるんでしょうか??
私的には50代の方々はキャッシングする程困ってないんじゃないか?と思いますが。不思議なものです。

タグ

キャッシングのターゲット

入用な時に便利なキャッシングですが、このキャッシング業はどのような世代をターゲットにしているのでしょうか??

20歳未満はなかなかキャッシングができないし、学生の場合は低金利の奨学金制度を利用したほうがお得という事でなかなか若い学生はターゲットにならなそうですよね。
逆に40代、50代の親世代ともなると、それなりにお父様の年収が増えていく世代でもあり、貯金もそこそこありそうなので、あまりキャッシングに頼る人はいなさそうですよね。

調べてみるとやはり、キャッシングのターゲットは20代後半~30代の独身世代に向けられているようです。
20代後半~30代であれば、正社員として働いていればそこそこの安定した給料が保証されているし、まだまだ貯金も少ない年代でもありますので、まとまったお金が必要な時に、キャッシングを利用してくれる!と予想されているようですね。

さらに安定した職業についていればついている程、キャッシングの審査も通り易く、金利も安い傾向になる為、キャッシングしやすくなるという事も背景にあるようですね。

タグ

キャッシングは誰でも利用できる??

一定期間お金を借りる事ができるキャッシング。
とても便利だし、どうしてもまとまったお金が必要な時には有難い機能ではありますが、誰でもキャッシングする事はできるのかな??と思いますよね。
もちろん収入のない子供にはキャッシングする事はできませんが、きちんと収入があれば大学生のような学生であってもキャッシングする事は可能なようです。

一応、法律ではキャッシングの年齢に制限はないそうですが、キャッシング業務を行っている会社では、後々法律に触れて調査などが入る事がないように、一応ですがキャッシングできる年齢を20歳以上に設定している所が多いみたいですよ。
中には18歳以上であればキャッシングできるという会社もあるようです。
ただその場合にはやはり金利がかなり高額になる場合もあるようなので、注意が必要ですね。
キャッシングを行う場合には親の承諾が必要になってくる場合もあるようですので。

しかし、学生の場合であれば、キャッシングをするようりも、金利の安い奨学金を借りた方が絶対的にお得ですから、あまりキャッシングを利用する学生はいないようですけどね。

タグ

このページの先頭へ